デリバリー風俗でしていいこと・いけないこと

デリバリー風俗とは、店舗を持たずホテルや自宅に風俗嬢を呼ぶタイプの風俗のことです。ジャンルとしてはデリヘルエステがあります。
ではこのデリバリー風俗ではどんなことができるのでしょうか。詳しく知っておくと自分の家や近くのホテルでいつでも安心して遊ぶことができますよ。

まず、風俗の中で本番行為ができるのはソープランドだけです。このことを知らずに、デリヘルやエステでも本番ができると勘違いしている人は案外多いのです。
ソープランド以外の風俗店で本番行為をすることは違法に当たるので絶対にやめましょう。例え、嬢の方から『プラス○万円でいいよ』などと交渉されたとしてもやめておいた方が安全です。甘い罠に引っかかって、あとでとんでもない事態に巻き込まれた例もあります。
しかし逆に言えば、デリバリー風俗では本番以外なら全てできると思っていていいでしょう。もちろん店によって違ってきますが、フェラチオはもちろん、SMやAFやコスプレなど、あらゆるフェチのための店が存在しています。
やりたいプレイがあるなら積極的にネットで検索をかけてみましょう。きっと、いい店や女の子に出会えるはずです。

プレイ以外のことで、絶対にしてはいけないのが盗聴や盗撮です。言うまでもなくこれらの行為は犯罪です。
しかし、デリバリー風俗での盗聴や盗撮の被害はあとを絶ちません。店舗型と違って、嬢とお客で部屋に入るまでに時間差があるため、カメラなどをこっそり仕込みやすいからでしょう。
これは『バレなければいい』と言う軽い気持ちでは済まされません。見つかった場合、今後一切その店の利用禁止はもちろん、罰金が課せられたり、警察沙汰になってもおかしくありません。
デリバリー風俗嬢は常に盗聴・盗撮を警戒し、アンテナを貼っているので、ちょっとカバンの向きが不自然だとか、プレイ中もスマホを手放さないとかに敏感に気付きます。余計なことは考えず、プレイに集中したほうがお互いのためです。

デリバリー風俗は自宅やホテルに嬢を呼べる風俗と書きましたが、どんな場所にも呼べるのでしょうか。結論から言うと、答えは“NO”です。
風俗嬢を呼ぶためには、①個室であること、②室内に浴室設備があること、という条件があります。なので、共同風呂の学生寮とか、カラオケボックスなどには呼べません。
最近ではレンタルルームと言う、時間制で借りられるマンションの部屋のようなものも登場してきて、デリバリー風俗に利用できたりします。今のところ都内などにしかありませんが、ホテルを使うよりもリーズナブルなので、これから全国的に拡大していきそうです。
デリバリー風俗でしていいこと・いけないことを正しく理解して、思いっきり楽しんでください。