風俗嬢との距離が縮まるホテルへの呼び方

風俗嬢をホテルに呼ぶときはラブホテルを使うのが一般的です。先にお客がひとりでホテルに入って嬢を待つ場合と、外で待ち合わせをして一緒に入る場合があります。
先に入って待つ場合、嬢が来るまで特にやることがないので、テレビでも見てゆったりするのが普通です。しかし、嬢からの好感度をアップさせたいなら、この時間で歯磨きをしておくのがおすすめです。ホテルの歯ブラシは使う前は封がしてあるので、使った後コップに立てかけたりしておけばわざわざ自分からアピールしなくても歯磨きしたことが嬢に伝わります。それを見た嬢はあなたに“清潔でマナーのある優しい人”という印象を持つでしょう。
嬢と一緒にホテルに入る場合でも、ちょっとしたスキマ時間を見つけて歯磨きやマウスウォッシュをするとかなり印象がいいはずです。

ホテルでシャワーを浴びる時もさりげなく嬢を気遣いましょう。バスタオルを渡してあげたり、使いやすいところに移動してあげるなどちょっとしたことでいいと思います。風俗嬢はラブホテルに慣れているので、いつもとちょっと違うだけでも敏感に気付きます。
嬢がシャワーに入っている間に、洋服をハンガーに掛けてあげたりすると紳士的な感じがしますね。
気を付けたいのは、自分の服だけをハンガーに掛けたりしないこと。自分のことだけに気を遣って嬢のことがなおざりになるようなら、自分のことにも気を遣わないほうがましです。
大切なのは、嬢を大切な存在として扱うことです。

ホテルの冷蔵庫にあるドリンクを出してあげることも喜ばれます。
同じドリンクを出すという行為でもこれがもし自宅だったら、風俗嬢は戸惑ってしまいます。自宅保管の物だと、『何か入れられてないかな』『古くないかな』などと思ってしまうからです。せっかくの好意がこのように疑われてしまうのは悲しいことですが、いろんなお客さんがいるので風俗嬢にも自衛の意識が働くことを理解してあげましょう。
自宅のマグカップにジュースを注いだりしても、衛生面などが気になって恐らくほとんど口を付けないでしょう。安心してドリンクが飲めるのはホテルの利点なのです。
ルームサービスで軽食などがあれば頼んであげるのもいいですね。プレイ以外のまったりする時間を作ってあげると、いろんな話ができて仲良くなるキッカケになります。

照明や音楽などは、いい雰囲気を作るための大切な脇役です。特にこだわりがなければオススメは、ぼんやり暗めの照明に静かなインストゥルメンタル(歌詞のない曲)です。マックスに明るくした照明や、テレビのバラエティがBGMではエッチな雰囲気になりにくいからです。
照明や有線の操作パネルはベッドの枕元にあるので、素早くさりげなく設定をしてしまいたいところですね。
もちろん好みの明るさや音楽があれば、自分の好きなようしていいと思います。でもその時に風俗嬢が嫌がっているようなら少し妥協してあげることも必要ですよ。あくまでも“2人にとって居心地のいい部屋”を作るように心がけることが大事です。