風俗嬢との距離が縮まる自宅への呼び方

自宅に呼べる風俗にはデリヘルとエステがあります。風俗嬢と言えどもひとりの女の子。お仕事だから選り好みはできませんが、やっぱり呼ばれて嬉しい家と嫌な家があるはずです。
せっかく風俗嬢を自宅に招くなら、居心地のいい空間を作って気分よく過ごしてほしいものですよね。そうすることでその家の主であるあなたへの好感度も当然上がります。
また『わざわざ私のためにこんなことまでしてくれてるんだ』という気遣いを感じると、人は誰だって嬉しくなるものです。
予め全てが用意されているホテルは清潔で気持ちのいいものですが、逆に言えば何もかも想像通りでそうした感動はありません。それに比べて風俗嬢を自宅に呼べば、自分の工夫次第で風俗嬢の気分をどこまでも盛り上げることができるのです。演出の腕の見せ所ですね。

デリヘル嬢やエステ嬢を自宅に呼んで遊ぶ前に、何と言っても欠かせないのがきちんと掃除をすることです。人を家に招くにあたって当たり前のことですが、これが意外とできていない人が多いのです。
『お金を払っているのだからこちらは客。風俗嬢のためにそこまで気を遣う必要はない。』と思う人もいるでしょう。確かに間違ってはいないと思います。こちらはお金を払っている“お客様”で、風俗嬢はサービスを提供する“従業員”ですから。
しかしそのような考え方だと、いつまで経っても風俗嬢と仲良くなることはできません。
そういう考え方は知らず知らずのうちにプレイにも表れるので、例え何回指名しても、風俗嬢が心を開いてくれることはないでしょう。それどころか無意識に横柄な態度を取って嫌われてしまうかも。
なので、風俗嬢と仲良くなりたい人はまず、“自分はお客様だ!”という上から目線な考え方をやめましょう。大切な恋人を家に招くとでも想像してください。

掃除をすると言っても、ホテルのように完璧にするのは大変なので、自分のできる範囲で、他人が不快に思わない程度に清潔にできれば大丈夫です。その基準は人それぞれだと思いますが、床やテーブルに散らばっている物を片づけて、掃除機をかけておけばとりあえずは問題ないでしょう。
ただ、風俗嬢はお風呂も使うのでお風呂の掃除もしっかりしておきましょう。もしかしたらトイレも使うかもしれないので念のためトイレ掃除までしておきたいところです。
プレイをする場所であるベッドや布団も、できれば干して、カバー類を洗濯しておくのが望ましいですが、これは時間や天気などの問題もあってちょっと難易度が高いと思います。
そこで活躍するのが布用の消臭・除菌スプレーです。これならコンビニでも手軽に買えるので、ベッドのみならずカーテンやカーペットなどあらゆる布製品に使うことをおすすめします。ただ、風俗嬢が使うタオルだけはちゃんと洗濯しておいてくださいね。

掃除・洗濯をしておくことは最低限のマナーです。風俗嬢を喜ばせたいならここから先が勝負です。
オキニを自宅に呼ぶ際に、部屋をいい香りにするケーキやお菓子を用意するゲームやDVDを揃えておく、という人は多いです。女の子がくつろげたり、幸せな気分になるような心遣いですね。これをされて嫌な気持ちになる風俗嬢はほとんどいないと思います。
ただ気を付けたいのは、ルームフレグランスやお香は風俗嬢の私服に匂いをつけてしまう恐れがあるので、香りの強すぎないものにするということです。
ほかには、嬢の誕生日に飾りつけをした部屋でプレゼントを渡したとか、ボディソープやボディミルクを女子に人気のブランドの物で揃えたとかも、自宅ならではのアイデアです。ただ何となく家に呼ぶよりも、嬢の喜ぶ顔を想像しながらいろいろ工夫をすることで2人の距離をグッと縮めることができます。